読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイヒストリーの会 ~自分の半生を90分語り合い、聴き合う会~

「マイヒストリーの会」という普通の人々の半生を90分間聴くという活動で得た、生きるヒントをお伝えしています

マイヒストリーの会はバンジージャンプである

こんにちは、 マイヒストリーの会の幹事カオリンこと深川です。 マイヒストリーの会の語り部には、 基本的に語る内容はお任せしていますが、 お願いベースで伝えていることがあります。 それは、 「今まであまり語ってこなかったことを語って欲しい」という…

語りのファミリーヒストリー

マイヒストリーの会では、スピンオフとして別のイベントを行うことがあります。 今回、行うのは「語りのファミリーヒストリー」。NH○の番組名に似ていますが、あちらは天下のNH○が総力を挙げて対象の有名人の家族を追っていく番組ですが、こちらは当人が自分…

人生に必要なもの3つ

ぼーっとしていたら、 ふと、 人生に必要なものって、この3つじゃないかと思ってしまいました。 ・自分が守りたい家族 ・自分が協力したい仲間 ・自分が没頭したい仕事 お金は仕事に付いてくるから、まあいいかなと。 どうでしょう? ではでは。

懇親会でさらに謎が明らかに・・・

色んなセミナーやイベントなどで 終わった後に懇親会がありますが、 マイヒストリーの会ももちろんその後懇親会を 設けています。 というのも、会の最中は せっかく来てくれた聴き手の方がたが 発言する機会がほとんどないんですね。 (語り部ばかり90分も…

お酒は飲まないマイヒストリーの会

マイヒストリーの会について 「お酒を飲みながらやらないのですか?」 とたまに聞かれることがあります。 確かに、お酒を飲みながらだと みんな陽気になるし、暗い話でも 明るく話せたりすることがあるかもしれません。 でも、お酒が入ると、 なかなか人って…

会社の同僚とのマイヒストリーの会

以前、会社の同僚とマイヒストリーの会をやったことがあります。 僕は、会社の人とマイヒストリーの会をやるのは 難しいなぁと思っていたので、 後輩から是非やってみたいと言われたときは とても嬉しかったことを覚えています。 やってみた後で思ったことは…

気持ちをすぐに出してみる

先日、区の催しで簡単なジャズライブのようなものがあって、とても楽しむことができました。 料金はカフェで飲食代を払うだけで。言ってみればタダ聴きみたいなものです。 しかも自分はその中でも一番安いコーヒーのみを注文して堂々と聴いてました。 演奏が…

「分からない」を受け入れていく

マイヒストリーの会では、 語り部が語っている最中の質問や意見は 基本的に控えてもらっています。 そうすると、どうしても分からない部分が 出てきたりします。 でも、質問はできません。 そうすると、分からない部分を分からないままに 過ごすことになりま…

過去は変えられないけれど・・・

「過去と他人は変えられない。 しかし、今ここから始まる未来と自分は変えられる」という言葉を本で読みました。 エリック・バーンという人の言葉だそうです。 本当にその通りだなぁと思います。 でも、そうすると自分の過去をほじくり返す「マイヒストリー…

不安や恐れからの守りの選択は止めておいた方がいい

よく見ている番組の一つに NHK−BSの「グレートレース」というものがあります。 名前の通り、グレートなレースで 北極圏を何百キロと何日間も通して歩いたり、 荒野を何百キロも何日間も走り通したりと 人間の限界に挑戦するようなレースを特集しているもので…

語りの流れは脆いものである

「マイヒストリーの会」は最初喫茶店のルノアールの会議室でやっていました。 でも、ほどなくして場所を貸し会議室に移しました。 何がマイヒストリーの会に適さなかったかというと 「店員が飲み物を運びに会議室に入ってくる」んですね。 語り部が語ってい…

テレビでよくある大嫌いな質問

最初から言ってしまえば、 僕はテレビのインタビューでよくある 「〇〇はあなたにとって何ですか?」 という質問が【大】嫌いです。 なぜ嫌いなのか? まず一番大きい理由としては 1.そんな一言でまとめられるわけねーだろ! ということがありますが 2.…

重い話でも最期はいつも笑顔のマイヒストリーの会

マイヒストリーの会で語られる内容は本当に結構重いんです。 やはり、信頼できる人を呼んでますし みなさん熱心に聴いてくれるので、 語り部も「これも言えるかもしれない」と 語っている最中に思う人も多いのではないかと思います。 そのような雰囲気が作ら…

本当の「強さ」とは

一度、一緒に素人演劇をした仲間が マイヒストリーの会で語ってくれたことがありました。 実は、彼女には過去に大きな出来事があったのですが、(一般的に言って「良い」出来事ではないです)その話が出るがどうか、聴き手でもある僕はすごく興味を持ってい…

普通の人の半生を聴くということ

マイヒストリーの会で半生を聴く人の全てが 俗に言う一般人、普通に生活している人たちです。 僕たちは本やテレビなどで、 よく有名人の半生を知ることがありますが、 自分の身の回りにいらっしゃる 家族、友だち、同僚の半生も有名人に負けず劣らず 面白い…

待つ力

マイヒストリーの会は、話し方、話す内容 ほぼ全てを語り部にお任せしています。 ですので、話す内容をきっちり準備してくる人もいれば 何も準備しないで話す人もいます。 準備していてもしていなくても 自分が想定していた方向から、話が逸れることはよくあ…

そんなに「意味」って大事なの?

僕も昔は今よりもさらに頭でっかちだったもんですから、 「それは何の意味があるんですか?」 などと会社の先輩などにエラそうに質問していました。 今、色んな人のマイヒストリーを聴くとよく分かります。 「意味ってそんなに大事なのか?」と。 そこで意味…

過去を振り返るというよりは過去を置いてくる

「過去なんか振り返ったって仕方ない。 前を向いて生きなきゃだめだ!」 という言葉をよく耳にします。 確かにおっしゃる通りだと思います。 過去を振り返って 昔話に花を咲かせたり、昔の自慢をしたりなどは 正直に言ってあまり頻繁にやるものではないと思…

飲み会での思い出話

思えばマイヒストリーの会を始めるきっかけになった一つとして 飲み会での会話があります。 飲み会でよく小学生や中学生時代の話などになった際に、 自分としては例えばAさんの話を聴きたかったとしても、 みんな酔ってるからそこにBさんが割り込んできたり…

人は見た目が0割

「人は見た目が10割」という本がよく売れたのは 記憶に新しいところだと思います。確かに初対面ですと「見た目」で判断するところが大きい ということは言うを俟たないところではあります。 しかし、じゃあ見た目の印象でその人のことが分かるのか? と言え…

ナナメの関係

家族のマイヒストリーを聴くというのは、 なかなかお互いに勇気の要ることです。 特に親子ともなると、 下手にお互い色々と知っているので、 「親の威厳が・・・」などと考えると 素直に話せないことも多いのではと思います。 そんな中、親族でもナナメの関…

一生に一度の主役のとき

マイヒストリーの会を かれこれ3年も月1回か2回ほどやっているのですが、 なぜこんな大して儲かるわけでもなく、 (むしろ懇親会費用で足が出る場合すらある) 手間も多少かかるイベントをやり続けているのかなと ふと考えることがあります。 大きな理由…

マイヒストリーの会の初回の語り部

こんにちは、マイヒストリーの幹事カオリンです。 マイヒストリーの会を様々なコミュニティでやってきましたが、結構大切なのが一番最初の語り部だと思ってます。過去のお笑いのM-1グランプリなどでもそうでしたが、一番最初の組が「基準」になります。こ…

自分の居場所

思えば人生って「自分の居場所探し」なのかなとたまに思うことがあります。「自分の居場所」というとある人は「自分が活躍できる場所」かもしれないし、またある人は「自分が認めてもらえる場所」なのかもしれません。「自分の居場所」の定義は人それぞれだ…

「〇〇はあなたにとって何ですか?」という質問が大嫌いです

僕はテレビでのインタビューでよく聞く、 「〇〇はあなたにとって何ですか?」という質問が大嫌いです。「そんなの聞いてどうすんの?」「そんな簡単に言葉に出来るもんじゃないだろう!」と声を大にしてインタビュイーに問いたい。自分だったら答えることが…

仲良くしたい相手には自分の不幸な面、弱い面を見せていく

僕だけがそうなのかもしれないのですが、 マイヒストリーの会で、語り部の話を聴くときに 僕はどこかで「不幸な話」など、 その語り部にとってマイナスと思われる話を 期待している自分がいます。 でも、これは多くの人にとってそうじゃないかなと思っていま…

人は誰でも語るべき人生がある

「人は誰でも勇気を出して語るべき人生がある」 ということを モットーに マイヒストリーの会をやっていますが、 (まあ他にも色んなモットーを持ちながらやってますが・・・) 裏を返せば、 「人にはなかなか語れない」 ということでもあります。 やはり親…

待てるチカラ

マイヒストリーの会は、 話し方、話す内容ほぼ全てを語り部にお任せしています。 ですので、話す内容をきっちり準備してくる人もいれば 何も準備しないで話す人もいます。 準備していてもしていなくても 話が自分が想定していた方向から逸れることはよくあり…

意見と否定は紙一重

マイヒストリーの会では 語り部がマイヒストリーを語っている間も その後も「意見」を言うのを控えて頂いています。 「意見」というと聞こえはいいですが、 語り部とは違った「意見」なので、 ありていに言えば語り部を半ば「否定」していると言っても 過言…

待てる力

マイヒストリーの会は、話し方、話す内容全てを語り部にお任せしています。 ですので、話す内容をきっちり準備してくる人もいれば 何も準備しないで話す人もいます。 ですが、準備していてもしていなくても 話が自分が想定していた方向から逸れることはよく…

easy come,easy go(簡単に手に入れたものは簡単に出ていく)

B’zの曲名にも同じものがありますが、 意味はこのような意味らしいです。 マイヒストリーの会で、色んな方の人生を聴いていても 簡単に手に入れたものは、結構簡単に出て行ってしまっているなぁと 常々感じます。 じゃあ、どうしたらいいのか? 自分として…

目的地へは2段階・3段階右折で辿り着く

マイヒストリーの会でよく思うのが、 語り部が若い頃などに夢見ていたことが 別の形になって叶っているということです。 例えば 学校の先生になりたかったけど、 会社で新人研修を担当していたり。 別の人は 小説家になりたかったけど、 今はプライベートで…

今まで大切にしてきたものを手放す

今はあまり言われなくなったのかもしれないですが、 「断捨離」で不要なものを捨てることで スリムな生活空間や生活スタイルが手に入れられると 話題になりました。 それはそれで大切だと思います。 不要なものは確かに場所を取るだけですし、 不要な考え方…

「あきらめた」上で動く

マイヒストリーを聴いていると 「別にこれは損してもいいや」 「失敗してもいいや」 「笑われてもいいや」 などと、ある種「あきらめて」行動したところに その人にとって嬉しい結果が生まれていることがままあります。 「あきらめる」というと僕たちのこれ…

もともとのマイヒストリーの会

たまに、ごくごく内輪で行われるマイヒストリーの会があります。事前に案内など何も出さずに、ただ語り部が自分の半生を話してもいいと思う人にだけに向けて語られるものです。今はオープンでやったりもしていますが、本来、マイヒストリーの会はこういうも…

うなずきのチカラ

マイヒストリーの会で、心がけていることの一つに 「うなずき」があります。 うなずきは、おそらくみなさんもしているとは思いますが、 僕がある人から教わったうなずきは 「15センチ以上首を動かすと思って」というものでした。 それくらい「大きく見せろ…

叔父や叔母のマイヒストリーを聴いてみる

自分の両親の半生を聴くことは なかなかハードルが高いです。 向こうもなかなか話したがらないし、 こっちもなかなか聞きづらいところがありますしね。 一方ナナメの関係である 叔父・叔母のマイヒストリーは両親と比べると多少聴きやすいです。 このちょっ…

誰にも邪魔されずに90分間語るということ

マイヒストリーの会は約90分間一人の人の半生を じっくり質問も意見もせずに聴くというものです。 マイヒストリーの会の特徴の一つとして この「語り部が語っている間は質問・意見はしない」という決め事があります。 もちろん、質問によってさらに語り部の…

面倒臭いと思った、体調が悪くなったときのイベントこそ、行くと人生を変える何かがある!

よくフェイスブックなどでイベントに「参加」ボタンを押していても 当日になって 「主催者には言えないけど、面倒くさくなった」 「カラダがだるくなって、行く気が起きない」 なんてことはよくあります。 でも、そういうイベントこそ是非行ってみて下さい!…

たまにはカッパを着て外を歩く

台風が来ましたね。 雨を傘で防ごうとしてもどうにもならない風が吹き付けます。 そういうときはカッパを着て むしろ雨に風に当たりに行きましょう! (もちろんむやみやたらに外出するのは危険ですので、 どうしても外出しなければならないときにしてくださ…

早く終わらせようとしない

人は苦しいこと、面倒臭いこと、嫌なことを 出来るだけ早く終わらせようとします。 当り前ですね。 だって、イヤなんだし。 でも、ちょっとだけ発想を変えて 「味わってやる!」 と思ってじっくり、ゆっくり取り組むようにしてみて下さい。 それまでは単なる…

心が疲れたら、身体を動かす

現代は心が疲れることが多いですね。 マイヒストリーの会でも何人かの方から 心の病でしばらく休養していたことがあったと 聞いたことがあります。 そういう私もちょっと前 仕事でのストレスで初めて心療内科に行きました。 3件くらい電話したのですが、 予…

「自分の弱さ」をさらけ出せる環境を持っておく

マイヒストリーの会で語り部の方にお願いしていることの一つに 「今まで語れなかったことを語ってください」 というものがあります。 これは、受け取る人によってさまざまな解釈ができますが、 僕としては語り部に 「自分の弱かったところをさらけ出して欲し…

食事中は食べることに集中する

お久しぶりになってしまいました。 最近はいかがお過ごしでしょうか? 関東は朝晩は涼しく、クーラーが要らないですね~。 さてさて、今日は 「食べることに集中する」です。 これはマイヒストリーの会ではなく、 おじいちゃん・おばあちゃんの聞き書きから…

朝に手を合わせて祈る

最近は神棚や仏壇を置いている家が少なくなりました。 昔は、特に田舎の家では神棚や仏壇があって、 そこに毎朝お水とご飯をお供えした後、 手を合わせて祈っていました。 僕は、お年寄りの半生を聴いて、それを簡単な冊子にして 差し上げるという「聞き書き…

親に当時の気持ちを話してみよう

マイヒストリーの会では、基本的に語る内容は 語り部にお任せしていますが、 こちらから内容に盛り込んで頂けるようお願いしている 項目があります。 それは、「ご両親のこと」です。 両親の半生と自分の育てられ方です。 色んな方のマイヒストリーを聴いて…

感じたことを記録する

マイヒストリーの会で語り部の半生を聴いている中でよく思うことは、 「語り部に起こった事実も印象的だが、 語り部がそれについてどう感じたかもそれに劣らず印象的である」 ということです。 ですので、僕がやっているのは 「感じたことを記録する」という…

手紙

僕はよく手紙を書きます。 両親に対して、叔父・叔母に対して、昔は祖父母にも書いており、 最近では中学時代の友だちにも書きました。 今の時代はメールやライン全盛で、手紙を書くことは 少なくなってきていると思います。 メールやラインは顔文字やスタン…

家族は実際に触れあうことが大事

先日のマイヒストリーの会の語り部は 父親からの影響を強く受けた人でした。 父親に対して怯えの感情が強くなってしまい、 なかなかそれを大人になるまで引きずってしまったとのことです。 でも、そう言われると僕も父親に対する「怯え」が 今でも少なからず…

マイヒストリーの会:父親との関係

「父親に対して何かしらの恐怖心がある」というのは、 多くの人が心の中に持っているものだと思っています。 今回の語り部はまさにその父親に対する恐怖心を ずっと抱えて生きてきた方でした。 今回のマイヒストリーの会は少し手法を変えて 参加者からも自分…